ページの上部へ

飲食店の居抜き売却・撤退・閉店なら、飲食店居抜き買い取り.comにお任せ下さい!

飲食店 居抜き買い取り.com

売却実績 2500店舗突破

私たちが全力サポート!なんでもご相談ください

お客様の秘密は厳守します

居抜き売却とは
About

飲食店居抜き買い取り.comの居抜き売却とは

居抜き売却とは
飲食店の撤退時に、店舗の内装や厨房設備などを
そのままの状態で
買い取ります

こんなにある、
居抜き売却のメリット

  • ポイント1 売却資金が得られる
  • ポイント2 契約期間ギリギリまで営業
  • ポイント3 現状回復工事の必要なし

飲食店の撤退には
居抜き売却を
絶対におすすめします!

ご注意下さい!

居抜き売却と通常の閉店では
手元に残るお金に
数百万円の差が!

大家さん・管理会社に
連絡を入れる前に
まずは私たちにご相談下さい

比べて納得

撤退シミュレーション

契約時の保証金500万円・家賃40万円・30坪の場合

通常の閉店

スケルトン工事が必要...だから時間もお金もかかる

主な支出・収入

契約時の保証金 5,000,000円
保証金償却 -1,000,000円
原状回復工事 -2,100,000円
撤退までの家賃 -2,400,000円
売却代金 0円
合計 500,000

撤退するには
50万円
の追加費用…

当社にご依頼

スケルトン工事が必要なし!...さらに売却益まで得られる!

主な支出・収入

契約時の保証金 5,000,000円
保証金償却 -1,000,000円
原状回復工事 0円
撤退までの家賃 0円
売却代金 +3,000,000円
合計 7,000,000

撤退完了後
700万円
が手元に残った

差額は750万円!

飲食店の閉店には
居抜き買い取りが
絶対におすすめ

な理由です!

徹底比較!

通常閉店と居抜き売却の違い

閉店までの流れ

通常の閉店
(大家さん・管理会社に撤退を伝える場合)

1.解約予告を提出する、2.次のテナントを探し始める、3.借りたときと同じ状態に戻す、4.撤退完了

居抜き売却
(大家さんに撤退を伝える前に、当社にご依頼される場合)

1.当社に相談する、2.大家さんの承諾を得る、3.直接買取or希望者を探す、4.お支払い撤退完了

主な収支

通常の閉店
(大家さん・管理会社に撤退を伝える場合)

居抜き売却
(大家さんに撤退を伝える前に、当社にご依頼される場合)

撤退にかかる期間

通常の閉店
(大家さん・管理会社に撤退を伝える場合)

大家さんに解約を申し出てから
3ヶ月〜8ヶ月

居抜き売却
(大家さんに撤退を伝える前に、当社にご依頼される場合)

当社にご相談頂いてから
最短3週間

※上記は最短の場合です。日数は状況によって異なります

手間・金銭面・期間の
全てにおいて、
居抜き売却には
メリットがあります!

通常の閉店

通常飲食店の閉店・撤退では、撤退を決めたからといって、すぐに閉店できる訳ではありません。
大家さんに解約を申し出てから、半年ほどかかることが一般的です。
次のテナントを探したり、お店を空っぽにする間の家賃は、お客様が負担します。
また、お店の原状回復(入居する前の状態に戻す)には工事が必要となり、その間に営業は出来ません。
原状回復工事(スケルトン工事費)は物件の階数や坪数などの条件にもよりますが、
カフェの場合5万円/坪、焼肉店の場合7万円/坪くらいが一般的な相場となります。

居抜き売却

居抜き売却とは、内装や厨房などの設備をそのまま次の出店者に売却する方法です。
この方法であれば、お客様は原状回復をする必要がありません。
原状回復工事が不要となるので、工事費がかからないのはもちろん、引き渡しする前日まで営業することも可能です。そのため、空家賃が抑えられるメリットもあります。
売却先が決まる=次のテナントを探す必要がないというのは、大家さんにとっても、家賃収入が途絶えてしまう不安が軽減され、貸主・借り主両者にとって、非常に大きなメリットがあります。

居抜き売却に関する
ご注意

大家さん・管理会社に、先に撤退を伝えると、トラブルが発生する可能性があります

大家さん・管理会社が居抜き売却を認めてくれない

賃貸借契約書では解約時の原状回復が定められていることが一般的です。
そのため、お客様ご自身で大家さんと交渉しても、居抜きを認めてもらうことは難しいです。
しかし、大家さんにとっても次の入居者が決まっていることは大きなメリット。
専門家が段取りを組んできちんと説明すれば、ほとんどの場合認められます。
まずは大家さんに撤退を伝える前に、私たちにご相談ください。

大家さん・管理会社が居抜きと認識しておらず、
スケルトン前提で次のテナントを決めてしまっていた

先に大家さんに撤退を伝えると、家賃収入が途絶えないように、次のテナントを探し始めます。
そのとき、大家さんはスケルトン前提で話を進めますので、居抜き売却は難しくなってしまいます。

このようなトラブルを
回避するためにも
まずは私たちにご連絡下さい

貸主・管理会社との交渉も代行致します

契約書に原状回復義務が
あっても、問題ありません!

まだ売却に迷っている方、
閉店時期が決まっていない方も
まずは私たちにお話しを
お聞かせ下さい

相談内容は厳守致します。無断で店舗に連絡・営業等は致しませんのでご安心下さい